熟年離婚を回避した京都の夫(64歳 同居中)浮気調査事例と調査費用

浮気調査の事例 64歳の夫について

調査依頼までの状況と調査指令書

主人は保険会社に勤めていたが、独立をして保険代理店をはじめ5年目になる。いつも朝はゆっくりしていたが、最近は毎日10時ごろには出掛けてよるまで帰らなくなった。気になるのはカバンやスーツが高級になったことだ。お金のことは生活費を入れて貰ってる以外はわからない。退職金をもらったのかどうかも判らない。浮気相手は勤めていた保険会社の人だと思う。年賀状が来ていた。

  1. 調査対象者:64歳 夫
  2. 顔写真:【10年くらい前の顔と全身写真
  3. 自宅の住所:京都市北区
  4. 家族構成:妻と二人暮らし(長男夫妻は京都市左京区)
  5. 住居の種別:一戸建)
  6. 交通手段:徒歩かタクシー
  7. 通常利用する最寄り駅:XXバス停
  8. 家を出る時刻:10時
  9. 勤務先の住所:京都市中京区
  10. 業種や勤務の内容:保険代理店 代表取締役社長
  11. 会社に入る時刻:不定
  12. 会社を出る時刻:不定
  13. 休日の曜日(サービス業など):不定
  14. 通常の帰宅する時刻:23時
  15. 趣味:(ゴルフ・パチンコなど)
  16. 浮気相手に関する情報全般:A子 46歳 住所等不明
  17. 職業:保険販売
  18. 勤務先:A保険会社
  19. 移動手段:徒歩
  20. 見合い又は知り合った日:
  21. 同居開始日:昭和XX年XX月XX日
  22. 結婚式年月日:昭和XX年XX月XX日
  23. 婚姻届日:昭和XX年XX月XX日
  24. 現在の状況:同居
  25. 調査原因等:不貞行為

(参照:尾行前の準備)

探偵のご提案

探偵からのお願いは3つありました。
1つ目は、知る限りの得意先をリスト化すること。2つ目は、年賀状と照らし合わせること。3つ目は、保険会社に勤めていたころの同僚の方との照らし合わせでした。この作業により女性の名前や住所を予測付けることが出来、調査する日程を絞り込むことが出来ました。
いつ外出するか判らないと言う調査の場合、平日に外出する5日間程度をパックで受けておりました。しかし5日パックの場合、基本時間が25時間となり費用も膨大になります。探偵無料相談の結果、浮気相手絞り込めば、効率的に調査をおこなう事が出来ました。
実際の調査では依頼者の悪い予感が的中。以前の同僚だった女性とは古い間柄であることも後に判明しました。費用は高額となりましたが、その後最善の方向を取られました。

調査費用

浮気調査の総額は236,250円となります。
【内訳】
夫に対する5日分のポイント調査:125,000円
浮気相手の女性に対する個人調査:100,000円
消費税5%          : 11,250円

こちらに、後日談として似ている事例があります。
「浮気?どこにいるのか判らないウチの旦那。」をあわせて読む

他の浮気調査事例と調査費用

離婚を回避した大阪の夫(37歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
出会い系サイトを使った滋賀の妻(31歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
週末ごとに外泊する妻の博多の妻(27歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
大阪への単身赴任6ヶ月間の夫(44歳 別居中)浮気調査事例と調査費用
浮気の果てに借金をしてDV離婚した夫の(52歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
自宅に帰らなくなった夫の浮気調査事例と費用(相手方47歳 別居中の夫)
不倫・浮気調査・尾行による不貞行為の事例集
探偵調査事例はすべて事実を元にしたフィクションです。

同じカテゴリに属する他の記事

「不倫・浮気調査・尾行による不貞行為の証拠収集」
「探偵と無料相談について」
「浮気の兆候」
「探偵からのアドバイス」