急増する妻の浮気についての相談

ここ数年、「妻の浮気を知った、妻の浮気に感づいた」といった相談が、男性の相談者から多く寄せられています。相談者の年齢層は幅広く、下は20代から、上は70代までと広範囲にわたりますが、中心的なのは「40代前半から50代後半」の範囲で、仕事をバリバリこなす熟年の相談者が中心です。仕事に明け暮れ、ふと気付いてみると、どうも妻の様子がおかしい、おそらく浮気しているようだ、というのが、最近急増している相談の典型です。

妻の浮気が急増する理由

女性側を中心に考えるなら、女性の社会進出にともなう家庭外での活動の活発化や、家事労働の低減にともなう自由時間の増加、そしてインターネットや携帯電話の普及による出会いの機会の広がり、といった背景があり、そこに、女性として扱われていない日常への不満や、刺激を求める気持ちなどが加わって、浮気や不倫に走ってしまうことが多いようです。

また、週刊誌やワイドショー、インターネットなどを中心に、乱れた性風俗に関する情報が氾濫しており、貞操についての感覚が麻痺してしまう、というのも一因かもしれません。

傷つき、うなだれる男性たち

まったく予想だにしていなかった妻の浮気の事実に直面して、男性たちはただただ茫然とするばかりです。裏切りに対する失望の気持ちや、妻を寝取られたショックなどで、プライドは傷つき、内容が内容だけに第三者にも相談できず、多くの男性はたった一人で、「夫婦関係の修復を図るべきか」それとも「妻や浮気相手に対して社会的な制裁を与えるべきか」または「早期に結論を出すことは避けてしばらく静観すべきか」といったように、孤独に悶々と悩んでおられます。

また、妻の浮気の原因は自分にあると考えて、家庭を顧みなかった自分自身を責めたり、家庭内での不祥事が仕事に影響する可能性を心配したり、子供や親類への影響を心配したりと、浮気された男性の救われない悩みは尽きません。

離婚されるかもしれないという怖れ

実は、私どもに寄せられる「妻の浮気」に関する相談のうち、大多数の男性が感じておられるのが「離婚されたらどうしようという不安や焦燥、困惑」です。妻に浮気されたから即離婚、といったケースは稀で、多くの男性は、結婚生活を継続することを望んでおり、できることなら夫婦関係を修復したいと考えておられるようです。

しかし、多くの男性にとって、妻の浮気を清算させた上で、さらに夫婦関係の修復を行う、ということを一人で行うのは、とても難しいものです。この結果、妻の浮気を知りながら静観し、問題を先送りにした結果、さらに悪い結果を招く、という悪循環に陥ってしまいます。

状況は悪化の一途

非常に残念なことですが、一般的に、女性は嘘やアリバイ作りがうまく、簡単には尻尾をつかませません。さらに、男性はこの種の問題に鈍感なことが多く、嘘を見破れない、ちょっとした変化に気付きにくい、という傾向が強いものです。つまり、男性が妻の浮気に気付いたり、不審に思ったりした時点で、ほとんどの場合すでに妻と浮気相手の関係は相当程度進んでおり、致命的な段階にあると考えて差し支えありません。

そして一般的に女性は「愛を育てていく」ことに熱心であり、あなたが悩んでいる間にも、浮気相手との愛を育みつつある可能性は極めて高いのです。

時間の経過と共に状況は悪化しているとわかっても、結論を焦るのも問題です。すべてを許し夫婦関係の修復を目指すべきなのか、浮気の当事者たちに社会的な制裁を与え夫婦関係を清算すべきなのか、といった問題は、あらためていうまでもなく、慎重に取り扱うべき問題です。

夫婦の置かれた状況には様々なケースがあり、最適な解はその夫婦によって異なりますから、早急な決断や、不用意な行動は、より一層事態を悪化させてしまう危険があります。こうした時、頼りになるのが私たちのような専門家です。私たちは、まずは現状を明らかにし、気持ちを整理し、とるべき道を探る、という段階を経ることをおすすめしています。

妻も判断力のある一人の人間

多くの男性たちが悩んでおられるように、また、浮気した妻たちが口を揃えて言うように、確かに原因の一端は、家庭をかえりみず、妻を女性として見なかったあなたにあるかもしれません。しかし、妻も一人の人間であり、判断力も責任能力もあるのです。

たとえ従前から夫婦関係がうまくいっていなかったとしても、どんなにあなたに非があったとしても、浮気をするかしないかを最終的に決するのは妻自身であり、自発的な行動として浮気をした以上、そこには妻の意志と責任が必ず存在します。浮気が発覚した今こそ、妻を一人の人間として認め、事実を明らかにした上で、今後の夫婦関係について考え直す良いチャンスなのかもしれません。

行動を起こすのは今

大切な家庭や子供を守るためにも、男性自身が勇気を持って行動を起こさなくてはいけません。より事態が悪化してから、「あの時こう対処しておけばよかった」などと考えても、時間は戻らないのです。

あなたの将来にとって最適な選択がどのようなものかは、今の時点ではわかりませんが、私たちはあなたに、まずは専門家に相談することで、苦しみから逃れるための第一歩を踏み出して頂きたいと考えています。誰にも相談できない悩みだからこそ、また、デリケートな問題だからこそ、私たち専門家に相談することが、問題解決の第一歩になるのです。

あわせて読みたい

浮気の兆候
浮気の兆候 序章
浮気の兆候 普段の行動
浮気の兆候 会話と生活
浮気の兆候 自分で出来る調査と出費確認

同じカテゴリに属する他の記事

「不倫・浮気調査 – 尾行による不貞行為の証拠収集」
「探偵と無料相談について」
「探偵からのアドバイス」

他の浮気調査事例と調査費用

熟年離婚を回避した京都の夫(64歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
出会い系サイトを使った滋賀の妻(31歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
週末ごとに外泊する妻の博多の妻(27歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
大阪への単身赴任6ヶ月間の夫(44歳 別居中)浮気調査事例と調査費用
浮気の果てに借金をしてDV離婚した夫の(52歳 同居中)浮気調査事例と調査費用
自宅に帰らなくなった夫の浮気調査事例と費用(相手方47歳 別居中の夫)
不倫・浮気調査・尾行による不貞行為の事例集
探偵調査事例はすべて事実を元にしたフィクションです。